【注意】整体師は絶対に「技術バカ」になってはいけない!

なべちゃん

こんにちは!整体師のなべちゃんです。

最近「社会人から転職して整体師になりたい!」と言う方が本当に多いです。

恐らく AIなどの発達などで、あらゆる事が自動化され、自分の勤めている仕事にやりがいがあまり見出せなくなってる事も関係しているのでは?とも思います。

そんな中、現代は超高齢社会と言われ、身体の悩みを抱える方がこれから先どんどん多くなると推測されます。

現代において整体師と言う職業はこれから先、今以上にニーズの高い職業になると私は感じています。

整体師という職業は直接、患者さんから「ありがとう」という感謝の言葉をもらえるやりがいを感じる素敵な職業ですので多くの人にその魅力を知って欲しいなと思っています。

そんな整体師に興味を抱かれている方に向けて『患者様とのコミュニケーション』というテーマで本日は解説していきたいと思います。

整体師に興味がある方にとって少しでも参考になったら幸いです。

なべちゃん
なべちゃん

整体師は本当に楽しいやりがいのある仕事なので、「人と接する事が大好きだ!」と言う人には凄くオススメです。

【整体師のモテ事情についてはコチラ▼】

【整体を本気で学びたい方はコチラ▼】

【YMCメディカルトレーナーズスクール】 整体師・セラピスト養成コース

整体師は人を相手にする職業

では早速、整体を仕事にすることについて解説していきますが、

当然の事ではあるのですが、整体は1人では成立せず、相手があって初めて成立する仕事です。

いくら施術のレベルが高かったとしても、相手方とのコミュニケーションが成立していなければ、患者様には防御反射(緊張)がでてしまい施術の効果は半減どころか、最悪の場合触れば触るほど身体が固くなってしまうということがあります。

そうなんです。ただ揉むだけで患者さんの症状が良くなるというのは凄く浅はかな考えです。人間の体はもっと奥が深いものです。

人間は感情の動物なので、例えどんなに美味しい料理を提供するお店でも、お店の方の接客があまりにも横柄だったり粗暴であったりすると美味しく感じないですよね。

せっかくの優れた料理を最高の形で相手方に届けるためにも、コミュニケーション力は必要不可欠な要素です。

まずここをしっかり抑える必要があります。整体師になったばかりの人は、「初めは患者さんに少しでも笑顔になってもらいたい!」と言うすごく素敵なマインドを持ってスタートするのですがいつの間にか、技術!技術!と患者さんとのコミュニケーションを忘れ、症状を取るテクニックに目がいく方がめちゃくちゃ多いです。

こうなった瞬間に患者さんの心の声というのが聞こえなくなり、患者さんとの関係にひずみが生じ始めます。

なべちゃん
なべちゃん

整体はどこまでいっても人と向き合う仕事であることに変わりはありません!

私の失敗した過去

過去の私は全国の有名なゴットハンドと言われる治療家の技術をDVDを取り寄せ研究したり、セミナーに数百万のお金を注ぎ込み、技術の研鑽に励んできました。「整体は技術力がすべてである」と信じて疑わず、目の前の患者様にこちらの施術の考え方やアプローチ法などを一方的に押し付けるようなことをしておりました。

それでも喜んで下さる方々はおられましたが、それは偶然の産物であり、思い返せば多くの患者様と素晴らしい関係を構築できることなく、症状を改善できないままお別れになってしまっていました。

せっかく身体のお悩みを抱えて、院の扉を開いて来て下さったのに、患者さんの気持ちに寄り添うことをせず、自分のやりたいように施術をしてしまっていたので今思い返すと本当に申し訳ない思いでいっぱいです。

なべちゃん
なべちゃん

そういった患者さんとのコミュニケーションの大切さに気付いてからは、施術の価値がより患者様に伝わり、自分のファンの方が増えて売り上げも上がりました。

「技術」では人をなおせない

コミュニケーションとは、喋りが上手いとか社交的であるかといったことはまた別の問題で、相手の心の声にしっかりと耳を傾け誠実な対応を見せることだと私は考えています。患者様がどのような悩みがあるのかしっかりヒアリングをし納得するような形で事前の治療方針を懇切丁寧にご説明したり、施術の最中でも一つ一つの施術の目的や、その施術を行った際の変化などをその都度患者様と共有を取りながら行っていく必要があります。そうすることで、「技術」が「施術」に変わります。「技術」では人はなおせません。「施術」だからこそ症状は改善していきます。

まるで施術者が運転手で、患者様が助手席に乗っているようなイメージです。

助手席に乗っている方が快適な気分で乗っていられるように、運転手はブレーキの踏み方やカーブ時のスピードなど具体的な運転テクニック的なことに注意を払う必要があることはもちろん、それのみではなく、そもそもどこに向かおうとしているのか。どういうルートを使って目的地に到着するのかということなどをきっちりと共有していくことが非常に重要です。

なべちゃん
なべちゃん

全国のゴットハンドと呼ばれる治療家ほど、コミュニケーションの重要性を知っていて患者さんに寄り添う姿勢が強いです。

まとめ

整体で最も大事なのでは、患者さんに寄り添う姿勢だったりコミュニケーションです。技術では人はなおせません。

相手を想う気持ちだったりコミュニケーションの土台があってこそ人をなおせる素晴らしい治療家になれるのです。

故に人と接するのが大好きな方は整体師に向いていると思いますよ。なべちゃんは整体の話を大好きなので、いつの日かこのブログを読んでいる人が整体師になったら、同じ治療家仲間として色々談義したいです。

私もまだまだ整体について学びの途中なのでその談義の中で新しい学びや発見を待ち望んでいます。

この記事の最後にはなりますが、もし整体師に転職したい方は、まずどうすれば良いのか?

なべちゃんのオススメは「りらくる」やGoo-it! 「グイット」などで副業で働くことです。と言ってもその場合は整体ではなく、リラクゼーションセラピストにはなるのですが、だいぶこの業界についてわかるはずです。

また付け焼き刃ではなくしっかり腰を据えて知識と技術、コミュニケーションについて学びたい方は【YMCメディカルトレーナーズスクール】 整体師・セラピスト養成コースに通ってみるのも良いと思います。私の整体師仲間もここの卒業生が多いのですが、みんなレベルが高い人が多くオススメです。やはり知識を入れた人と入れてない人では患者さんに説明する説得力が違うんですよね。

何かの参考にしてください!

なべちゃん
なべちゃん

最後まで読んでくれてありがとう!なべちゃんは社会人から整体師になる方を全力で応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました