【図解】正しいお客様との距離感

図解

こんにちは!

「愛され整体師」になる秘訣。

整体オタク編集長のオタくんです。

はじめましての方は先にコチラ↓をご覧いただくと当ブログの方向性が分かるかと思います。

さてさて、本日は前回の記事と同様、Twitterにあげた整体師やセラピストの為の接客図解をご紹介します。

今回も多くの方から、共感の声をいただきました。

その声の中にはコミュニケーションの本を出版されてる方や、社労士さん、柔道整復師の方もいらして嬉しい限りです。

下記がその嬉しいコメントをくださった方々の実際のツイートです。

【コミュニケーション本の著者▼】

【社労士さん▼】

【柔道整復師さん▼】

本を出版する機会があったとしたら、帯に載せたいくらい素敵なコメントです。

ブログでは1記事を書くのに時間を要し更新頻度が落ちてしまうので、もし僕の情報をいち早くチェックしたいなという方がいらっしゃいましたら、この機会にぜひTwitterの登録を忘れずにしてくださいね!

2021年10月から本格始動したTwitterは、2022年3月3日の時点で1089名の方にフォローしてもらってます。

いつも応援してくださってる方、本当にありがとうございます。

これからも整体師さんやセラピストの接客力の向上に向けた情報をバシバシと皆さんに届けていきますので楽しみにしててくださいね!!

では図解の紹介です。

パチパチパチ〜♪♪

【1ページ目】

【2ページ目】

【3ページ目】

【4ページ目】

図解でもご紹介したように、お客さんと向き合う立ち位置は、親戚のお兄(姉)ちゃん目線が理想です。

しかし新人時代の僕は違いました。

先輩から「もう少し先生らしくあれ!」というアドバイスを貰ってから、ひたすら先生らしくお客様と接していました。

先生らしく接することで説得力は増し、僕の話がお客さんに聞いてもらいやすくなった感じはありました。

しかしお客様との心の距離が全く近づいた感じがしなかったのです。

症状がよくなったらお客さんはパタリと来なくなりました。

どんなけ新規さんに入り、次回予約を取ってもお風呂の栓が抜けているかのようにキャンセルが続くのです。

症状の改善という目的が達成されたらもう、用済みという感じでした。

この頃はどんなけやっても予約が埋まらないジレンマで、僕にはこの仕事が向いてないのではないか?という疑念が生まれてしまったくらいです。

1年半くらい「先生スタイル」で施術をしていましたが、ちっとも指名のお客様が増えていかないので、

『自分の思うように一度やってみよう!』

そう思って、先生スタイルとは真逆の友達感覚で接するようにしてみました。

これがハマりました。

イキイキ働いているので、そんな僕に魅了されてか先生スタイルでやってた頃よりリピートしてくれる人が多く現れました。

それまで落ちこぼれていたような成績しか残せなかった自分が同僚と同じくらいの稼働率まで上げることが出来ました。

しかし、このやり方にも一つ欠点があったのです。

非常にナメられやすいのです(笑)

整体師は、お客さんを健康に導くアドバイザー的な立ち位置になるのが望ましいのですが、ちょっと距離感が友達寄りになり過ぎていたのです。

本当に僕っていつも極端なんです(^_^;)

友達感覚の距離感で、お客様にアドバイスをしても右から左に聞き流されてしまったり、変ないちゃもんをつけられやすくなっているのを実感しました。

そういった紆余曲折を経て、たどり着いたのが図解でも説明した「親戚のお兄(姉)ちゃんスタイル」なのです。

いろんなパターンを試してきた中で、1番しっくりきたポジションでした。

このスタイルに変えてからメキメキと成績を伸ばして、社内の施術売上で3年連続1位、別の会社に移っても年間売上1位を獲得するまでになりました。

今はその2社とは違う回数券などがない激安リラクゼーション店で働いていますが、そこでもしっかりリピートは取れて月収40万円以上を稼いでます。

もしお客さんとの接し方がよく分からない方は、親戚のお兄(姉)ちゃんスタイルすごくおすすめ。

経験上それが1番、リピート取れます。

ぜひお試しください。


患者さんに愛される秘訣まとめ

コンサルをご希望の方

コメント

タイトルとURLをコピーしました