整体師に転職するデメリット・注意点とは??

整体師の仕事

【この記事はこんな方にオススメ】

  • 今は別の仕事についてるけど整体師にすごく興味がある方
  • 整体師に将来的になりたく現在いろいろリサーチしている方
  • 整体師になりたいけど将来性はあるのか?不安に思っている方
  • 昔から肩揉みが好きで好きを仕事にしたい方
オタくん
オタくん

整体師になるデメリット&マイナスポイントを教えてえ!

こんにちは!整体師のオタくん(@pGJjOeKqyXk5UHS)です!

このサイトでは整体師になりたい方に向けて、整体師に関する情報をリアルに解説しています。

僕はどこにでもいるイチ整体師ではありますが、整体師に興味を持っている方に向けてこれまで私が6、7年、整体師を続けてきて感じる、整体師の魅力について解説していきます。

今回のテーマは整体師に転職するデメリットについて!

整体師に興味がある方はデメリットについて知らずに転職をすると絶対に後から後悔しますので、ぜひ最後までお読みください。

この記事はおよそ5〜7分で最後まで読めます。

【整体師になるメリットについて】

【整体師のやりがいについて】

整体師のデメリット

国家資格ではないので社会的信用が低い

残念ながら、整体師は社会的信用は低いです。

それは何故か。。。

整体師は民間資格だからです。

整体師と聞くと、何か免許や資格が必要な感じもしますが、実際の所は免許や資格は必須ではありません。整体師と似たお仕事の中でも、国家資格が必要な職業が3つあります。

  1. 柔道整復師
  2. 鍼灸師(しんきゅうし)
  3. あん摩マッサージ指圧師

いずれも、厚生労働大臣や文部科学大臣が定めた専門学校などで3年以上学び、必要な科目の単位を履修する必要があります。

卒業後、さらに国家試験を受験し、合格した人だけに国家資格が与えられます。

これらの国家資格保有者には、独立開業権が与えられ、接骨院や鍼灸院などで健康保険を適用した施術を行うことができるようになります。

それとは反対に整体院は国家資格を持っていなくてもお店を構えることができます。

この記事を読んでいるあなたも開業資金があるなら明日にでも開業ができてしまいます。

似たような業種だと、カウンセラーも同じような感じですよね。

カウンセラーも国家資格ではないので、今からカウンセラーと名乗ろうと思えば名乗れてしまいます。

オタくん
オタくん

整体師、カウンセラーなど民間資格で独立開業できる仕事は人から感謝される尊い仕事ではありますが、民間資格の職業なので公的信頼が弱いという側面があります。

給料が一般的なサラリーマンより低い

整体師のデメリット2つ目は給料の低さです。

整体師の年収も個人の資質や働くお店の雇用形態で大きく変わりますので、年代ごとの収入を明示することはできないのですが、整体院に就職した場合の給与については、求人情報サイトの募集要項から判断することは十分可能です。

ちなみに、首都圏の求人情報をハローワークなどで調べてみると、給与は下記のようなデータになります。

  • アルバイト採用の場合は時給960~1500円
  • 正社員の場合は月給20万~35万円
  • 歩合制の場合は施術料金の4〜7割

これに別途、個人指名料金や院内目標達成などのインセンティブが発生します。

そして最大の辛いポイントはボーナスが基本ないという点です。

これが他の職業との大きな違いです。その為、独立開業の為にお金を貯めようと思っても中々貯まらないという側面があります。

求人サイトを見ていると、働くお店によっては、「柔道整復師資格手当あり」という記載が載っているものがありますが、これは専門学校に通い国家資格持を所得された方の優遇手当てになるので通常の整体師が受け取れるものではありません。

また整体師の転職サイトなどを見ていて月収20万〜50万など、金額的に夢のある数字が提示されている店舗を見かけると思います。

給料の最高金額を見て夢を抱く方もいますが、これは鵜呑みにしないほうが良いです。

私が以前、働いた整体院では、社長の給料が50万円で他のスタッフはみんな20万前後というような感じでした。

これには結構、絶望しました笑

50万前後の給与を貰おうと思ったら、社長の右腕近くにならなければならないのはどう考えても現実的ではありません。

全部の企業がそういう事をしている訳ではないと思いますが、応募数をたくさん得るために転職サイトの表示の仕方を少し魅力的に見せている所もありますので注意しましょう。

オタくん
オタくん

整体会社に面接に行く場合は、給与面はしっかり聞くようにして実現可能なのかは見極めたほうが良いでしょう。

体力の消費が激しい

整体師のデメリット3つ目は、とにかく体力を使うハードな仕事だという事です。

僕は比較的、強揉みをしない整体院で働いていますが、中には患者さんの求める強さの圧を入れないといけない整体院もたくさんあります。

そのようなお店で一人当たり30分〜1時間の施術を10人とかしていると、身体が流石にしんどくなってきます。

新人の頃は指の筋肉が鍛えられてなかったり、押し方も下手くそで余計に体力の消費も激しい傾向がありそれが辛くてやめていく方も多いです。

オタくん
オタくん

整体の仕事をする方は、身体が丈夫であったり体力がないと絶対に続けられない仕事です。

まとめ

この記事では、整体師のデメリットという観点で解説していきました。

整体師の仕事は、他の仕事と違い、直接感謝の言葉を貰えるやり甲斐に溢れた仕事ではあるのですが、味方を変えればデメリットもたくさんあります。

僕はこれまで6、7年整体を続けてきて、しんどいことも沢山ありましたが、お客様の笑顔をみると本当に嬉しいのでここまで続けてこられたなのかなと思います。

デメリット面も踏まえた上でも、僕はやっぱり整体という仕事は好きですね。

以上、オタくんでした。

この記事を書いた人
オタくん

整体師歴7年のオタク。
(人生に悩み過ぎた結果、自分探しと称して世界一周をしたり、島で1年間ほど自給自足の生活をしたよ!)

昔は何の仕事をやっても不器用で失敗ばかり。メンタル死んでましたが整体師になってからは人生が上手く回り始める。

関東の有名整体院グループにて3年連続で施術売上1位。知見を広めるために別の整体院で働くもたった半年で売上1位に輝く。

不器用だけど整体師になりたい人カモン!整体師として売上を爆増させたい人カモン!

オタくんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました