【女性】驚異的に筋トレのモチベーションを上げる画像と名言の数々。

健康になる情報

【この記事はこんな方にオススメ】

  • なんだか、今日は筋トレのモチベが上がらない!という女子
  • こんな身体に生まれ変わりたい!という理想がある女子
  • ダイエットを始めてもいつも失敗をしてしまう女性
  • 今年は絶対に彼氏が欲しい!と目論む女性
オタくん
オタくん

先月までは張り切って筋トレやっていましたが、最近家でするのがダルくなりサボりまくっているなあ。モチベーションを上げたい!!

筋トレはストイックの代名詞。

よほど自分に厳しくないと長続きしない習慣の1つです。

しかし!!!!

努力をすれば裏切ることなく結果が付いてくるのも筋トレの良いところです。

いくら勉強頑張っても希望校に受かる保証はないけど、筋トレは《絶対に》結果が付いてきます。

そこで本記事では、「絶対に痩せたい!」と強く望む、あなたの為にモチベーションが上がる画像や名言を用意しました。

他にも筋トレを続けるコツについても解説しています。

早く筋トレして自分の理想とするボディを手に入れましょう!

あなたらきっと乗り越えられます!



通信パーソナル『ジムいこ』

モチベーションアップ画像集

「絶対痩せたい」モチベーションが上がる名言

真のトレーニングとはやめたいと思った時から始まる」

ロニー・コールマンの名言

「いちばんしんどいのは最初の一歩

武田真治の名言

限界を決めるのはあなたの心だ。あなたができると思う限りそれは可能なのだ」

シュワルツェネッガーの名言

「筋肉が『もうこれ以上は無理だ』といったとしても、筋肉に命令し、チャレンジさせることはできる。限界を打ち破るこのチャレンジこそが、筋肉の成長をもたらすのである。」

シュワルツェネッガーの名言

完璧な体のためには行動しなきゃダメだ。ソファーに座ってるだけではそれは叶わない。」

ジェレミー・ブエンディアの名言

「筋トレできつくなったときは、頑張るか、頑張れないかではありません。 頑張るか、超頑張るかの2択で考えて下さい!」

谷本道哉の名言

モチベーションは役立たず

「モチベーションはジェットコースターだ….」

必ず浮き沈みがあります。

いくらその人のモチベーションが高くても、日を追うごとにその日の体調や気分、起きた出来事によって、ジェットコースターのように上下します。

人によっては強烈なモチベーションで筋トレに励める方もいるのでそのような方は、モチベーションが上がる画像や名言を見てどんどん筋肉をいじめ続けてください。

ちなみに過去の記事で筋トレを継続すると得られるメリットについても解説していますので興味ある方はご覧ください。

オタくん
オタくん

モチベだいぶ上がると思います!

しかし筋トレがまだ習慣化されていない方に関してはモチベーションに頼るのは危険です。

『よし!このままいけるぞ!』と思っていても、

  • 仕事で上手くいかなくて上司に怒られた
  • 生理前で気分が落ち込みやすくなった
  • 風邪を引いて体調を崩した

こうしたアクシデントが起きた際に、はじめに決めた意志が揺らいでしまいます。

継続性が必要なダイエットや筋トレでモチベーションに舵を握らせるのは、非常にリスクを伴います。

ではモチベーションに頼らず筋トレをする方法はあるのか???

「ある」

これが私の答えです。

次の章でそれについて解説します。

モチベーションに頼らず成果を出す方法

筋トレする場所と時間の固定

筋トレを成功させる鍵は熱い気持ちではなく習慣化です。

そして習慣化に大切なのは場所と時間の固定です。

あなたの日常生活で習慣になっていることを思い出してみてください。

継続している物事はほぼ全て時間や場所が決まっていることが多いのではないでしょうか?

場所と時間を固定せずに好きなように筋トレをしているとやったりやらなかったりで習慣になりずらい。

数週間は頑張れても結局は辞めてしまうなど挫折しやすいです。

いつどこで筋トレをするのかをあらかじめ決めることで、習慣化しやすいパターンが作れます。

これを専門用語でアクション・トリガーと言います。

「行動(アクション)を起こす引き金(トリガー)を引け!」という意味合いから来ています。

オタくん
オタくん

みじかな例だとトイレに行ったら手を洗う、ごはんを食べたら歯を磨くなどですね!

アクション・トリガーは、そのときの状況や感情に左右されず、困難な目標を習慣化するために、大変効果的な方法なのです。

そしてトリガーを上手く使えば、筋トレの継続力が増し自己肯定感が上がっていくでしょう。
継続は己の自信を強固なものにします。

ちなみに過去の記事で、筋トレを習慣化させる為には、ジムが良いか?それとも自宅が良いか?についても解説していますのでチェックしてみてください。

オタくん
オタくん

まさに「マッスル・トリガーハッピー」というところでしょうか…?

【アクショントリガーの研究】

米国NewYork UniversityのPeter Gollwitzer教授とスイスのUniversity of ZurichのVeronika Brandstätter教授は、アクション・トリガー(行動の引き金)は習慣化に極めて効果的であることを発見しました。この2人の心理学者が大学生を対象に行なった調査では、アクション・トリガーによって課題の提出率が2.3倍にまで上がったそう。

まず、アクション・トリガーなしのグループでは、レポートの提出率は33%に留まりました。当初ほとんどの学生が課題を提出するつもりだったものの、実際には67%の学生は実行に移せなかったのです。

一方「いつどこでレポートを書くか」というアクション・トリガーを事前に決めて、書き出すように指示があったグループでは、なんと75%もの学生がレポートを提出したのだそう! 書き出したのは「○日の朝、家族が起きる前に、父のオフィスで課題に取り組む」というような簡単な一文のみ。

時間と場所を含んだ「行動の引き金」を設定しておくだけで、課題の提出率が2倍以上になったのです。

小さく始めること

「新しく始める習慣は、小さい方がいい」

なぜなら恒常性(ホメオスタシス)という脳の機能によって、脳は余計なエネルギーを使わないように毎日同じ行動を取ろうとするからです。

逆に、大きすぎる習慣は始めるのが億劫で、条件によって続かず不快になったりします。

人間は本能的に「現状維持」というのが好きな生き物なんですね。

習慣化していない行動を排除しようとします。

失敗しようがないぐらい、ばかばかしく思えるほど小さなステップを決めて、それを繰り返す。

小さな習慣を続けていると、それ自体に短期的な効果はなくても、ジワジワとセルフイメージが変わり、生活習慣や生き方そのものを変えてくれるわけです。

一度その状態にマインドと習慣を変えてしまえたら後はもう勝手に身体が動くので、少し時間はかかるかもしれませんが無理なく大きな成果が得られるはずです。

以前、車が走る時に一番エネルギーを使うのは動きはじめと聞いたことがあります。

逆に一度動いてしまえば後はタイヤが勝手に回転していくのでエネルギーの消費は少なくて済むと。

オタくん
オタくん

勝手に身体が動く習慣作り、まさに車の動く理論と人間の生活習慣の仕組みは似ているのかもしれません。

【小さな習慣の著者、スティーヴン・ガイズ氏の話】

スティーヴン・ガイズ氏は2012年の暮れに「2013年は運動を習慣にしよう」と決意しましたが、過去10年同じ目標を掲げながらも挫折し続けてきたのだそう。そして実際、2013年になっても、なかなか気が乗らず運動に着手できなかったのだとか。

そこで、試しに「毎日、腕立て伏せを1回だけ行う」を日課にしてみたところ、「思っていたほど大変ではない」ことに気付かされ、あと1回、あと1回…と繰り返した結果、気づけば20分間腕立て伏せを続けていました。

翌日から、この「腕立て伏せ1回チャレンジ」を毎日続けるようになり、結果的にはそれ以上の回数をこなし、30分の筋トレにまで発展。

見事、習慣化する事ができたのだそうです。この経験から彼は、「新たに習慣にしたいと思った行動をもっともっと小さくし、それを繰り返すことで生活の一部にすれば、大きな成果につながる」と気づき、「小さな習慣」の大切さを説くようになりました。

まとめ 

「筋肉はいわば資産なのです。」

運動しないでも勝手にカロリーを消費してくれるの不労所得みたいなもの。

毎日の食べる量を減らしたり、毎日歩いたり走ったりしなくても筋肉があれば勝手にカロリーが消費されていきます。

この資産形成を確立できるかがダイエットの命運を握るといっても過言ではありません。

私たちが1日に消費するカロリーの中で、約70%がこの基礎代謝。

筋トレをし、筋肉をしっかりつけることが出来ると、比例して基礎代謝がアップしていきます。
つまり、普通に生活しているだけで消費するカロリーが増えると言う事です。

めっちゃ理想的ですね。

モチベーションが上がる画像を見て筋トレに励むのも良いですが、

習慣化に向けて、

  • 場所と時間を固定する
  • 小さく始める

この2つを取り組むだけであなたの身体も少しずつ変わっていくでしょう。

ダイエットは1日にならず、急げば回れ!を合言葉に焦らず一段ずつ階段を登って理想の自分を手に入れましょう。

以上、オタくんでした。

※記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。



通信パーソナル『ジムいこ』

この記事を書いた人
オタくん

整体師歴7年のオタク。
(人生に悩み過ぎた結果、自分探しと称して世界一周をしたり、島で1年間ほど自給自足の生活をしたよ!)

昔は何の仕事をやっても不器用で失敗ばかり。メンタル死んでましたが整体師になってからは人生が上手く回り始める。

関東の有名整体院グループにて3年連続で施術売上1位。知見を広めるために別の整体院で働くもたった半年で売上1位に輝く。

不器用だけど整体師になりたい人カモン!整体師として売上を爆増させたい人カモン!

オタくんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました