【腰痛ケア】テニスボールで出来るおしりをほぐすやり方。

池宮
この記事を書いた人
池宮ヒロノリ

・治療家&自由人
・東京の整体会社で3年連続で年間売上ベスト1位獲得。
・ハワイ大学医学部の人体解剖実習修了証アリ。
・AC walletなどを通じて資産運用にチャレンジ中。

池宮ヒロノリをフォローする

<こんな人にオススメの記事>

・お尻周りが凝ってる方。 ・自宅セルフケアを知りたい方。

・普段、腰痛がある方。 ・下半身の疲れが気になる方。

皆さん、腰が辛い時、お尻周りが凝ってる時、どのように体をケアしていますか?

多くの方が、整体などに通っていたり、ひたすら我慢して腰痛がおさまるのを待つという選択を取られていると思います。

そんな方に是非、読んで頂きたいのが本日の記事です。

腰痛をお持ちの方は、「あるもの」を使用すれば、かなり腰が楽になりますよ。

その「あるもの」というのが、、、、、、、テニスボールです。

このテニスボールを使ったセルフケアは普段、私も患者様に在宅ケアの一環としてお伝えしていて効果を実感される方が多いです。

本記事ではそのテニスボールを使ったセルフケアのやり方、そして注意点などを徹底解説していきます!

この記事を読んだ方のお身体が少しでも楽になったら幸いです。

用意する物・適した場所

<用意する物>

  • テニスボール1つ、もしくは2つ。(100円で購入可)

<適した場所>

  • 広いスペースであまりゴツゴツしていない床のある場所

今回ご紹介する「テニスボールケア」で用意する物や場所はたったこれだけです。

テニスボールは100円ショップで購入ができますし手軽にできるセルフケア方法なので滅茶苦茶オススメです。

旅行や移動距離が長いときはカバンに入れて持ち運びができ、外出先でもケアすることも出来るので、腰痛のお悩みの方には是非やって欲しいです。

テニスボールは何故、お尻ほぐしに有効なのか?

<テニスボールを使用する利点>

  • お尻は身体の後ろにあるので単純に自分で揉むのは難しい。
  • テニスボールを使って自分の体重圧で押す事で身体の力が抜けた状態で押せる。

お尻は自分の後ろ側にあるので自分の手で揉み解しづらく、脂肪も厚い為、強い力を入れないと筋肉はほぐれません。

テニスボールを使用する事で自分の体の力が抜けた状態でしっかりとした圧を入れる事ができるので筋肉の緩みが早いです。

お尻と腰の関連性

<お尻と腰の関連性>

1.お尻の筋肉が硬くなると、自然と腰の筋肉も引っ張られてしまい腰に大きな負担がかかるから。

2.お尻は腰の動きをサポートする筋肉なので、お尻が硬くなると、腰はそのサポートを受けられなくなり負担がかかるから。

池宮
池宮

お尻は腰痛を改善する上ですごい大事なポイントなのでしっかりケアしましょうね。

【お尻ほぐしのやり方】

<その1仰向けバージョン>

#007テニスボールを使って筋膜リリース☆お尻をほぐす☆MIO-STYLEレッスン☆

<やり方>

1.テニスボールを置き、その上に仰向けになる。

2.膝を立ててお尻の下にテニスボールを挟む。

3.下半身全体を使ってテニスボールを軸に身体を動かし、おしりの張りが強い場所や痛気持ちよいポイントに刺激を送り続ける。

4.そうすることで血液リンパが促進されていきます。

<その2座って行うバージョン>

テニスボールでお尻の凝りをほぐして腰痛&足のだるさを改善☆☆

<やり方>

1.テニスボールの上にお尻を載せる。

2.痛すぎる方は、載せた状態で10秒キープ。

3.痛くない人はグルグル転がす。

4.骨のキワに沿って行うと、より効果が高く、痛い所を見つけたらそこで一旦ボールを止めて重点的に圧をかける。

<その2横向きで行うバージョン>

トリガーポイントをほぐして腰痛改善!お尻、太ももの関連痛の改善に効果的!

<やり方>

横向きの体勢をとった後、お尻の横にテニスボールを挟んでいく。

この時の注意点としてお尻の横は触ると硬いのでどこが筋肉でどこが骨が分かりにくいが、しっかり骨ではなく筋肉にアプローチするということ。

【お尻をほぐすメリット】

骨盤の歪みの改善

お尻には複数の筋肉が集まっています。

お尻の筋肉の、「梨状筋(りじょうきん)」や「中臀筋(ちゅうでんきん)」が凝ると、骨盤の歪みに繋がり、骨盤が歪むと腰の筋肉も引っ張られ腰痛になるリスクが高まります。

お尻の筋肉をしっかり柔らかくしていくと骨盤が正しい位置に戻りやすくなり、辛かった腰痛がかなり楽になるはずです。

股関節の柔軟性向上。

お尻にあるどの筋肉も股関節の動きに強い関係性がある為、お尻の筋肉が柔らかくなれば股関節全体の可動域が増す効果も期待できます。

股関節は上半身と下半身を結ぶ大切な関節になるので、かたいままだと、血液の流れが悪くなったり、下半身の疲れが溜まったりといった支障をきたしてしまいます。

お尻の筋肉を柔らかくして同時に股関節周りの柔軟性も高めていきましょう。

【お尻テニスボールの注意点】

1分以上やらない

「テニスボールほぐし」に限らずストレッチ全般に言えることですが、筋肉を伸ばす行為を1分以上行うと身体にストレスがかかってしまいあまり良くありません。

固有受容器と呼ばれるセンサーが筋肉には付いていて、1分以上ストレッチの動作を続けるとこのセンサーがストレスを感じて身体が反射的に反発してくるからです。

痛くやらない。

強く揉みすぎてもあまり効果はありません。

それはなぜなのかというと、交感神経が優位になってしまうからです。

人間の身体には、

交感神経と副交感神経があり、

・交感神経が高ぶると、筋肉が収縮(縮み硬くなる。)

・副交感神経が高ぶると、弛緩(ゆるむ)

という傾向があります。

お尻にゴリゴリ強い刺激を加えると終わった直後はヒリヒリするので筋肉が柔らかくなったように感じますが、実際は筋肉は緩んでいないケースというのはよくあります。

池宮
池宮

注意点として、狭いスペースで「テニスボールケア」をしたり、下の地面がゴツゴツ硬すぎた場所で行っても効果は半減します。

自分の身体がリラックスできず、交感神経が高まるので注意しましょう。ヒーリング効果のある音楽をかけながらやるとリラックスして良いかもしれませんね。

高速で動かさない

テニスボールにお尻を載せ、足などを動かし刺激を強める場合、ゆっくり動かすのを意識しましょう。

急に動かすと筋肉は「伸張反射」を起こし筋肉は硬くなる傾向があるからです。

ゆっくりリラックスしながら身体を動かすことでジワジワとお尻の筋肉は緩んでいきますよ。

息を止めない

胸で呼吸するのでなく、お腹を中心に呼吸をする腹式呼吸で行うとより効果的です。

息を吸った時は交感神経が高まりやすく、吐く時は副交感神経が働きやすいので、吐くのをできるだけ意識しましょう。

間違っても息を止めて「テニスボールケア」をしないようにしてください。

呼吸の意識だけで筋肉の緩みがかなり変わってきますよ。

【重要】テニスボールお尻ほぐしの口コミ

試しにSNSで「テニスボールケア」の口コミを調べてみましたが多くの方が効果を実感していることが分かりました。

腰痛のケア以外にも、むくみのケアやヒップアップの為に使用する女性の方も多い傾向がありました。

<腰痛が良くなった方の声>

<むくみの改善の声>

<ヒップアップ効果の口コミ>

ゴルフボールでも代用できる。

テニスボールの代わりにゴルフボールで代用することも可能です。

ただしゴルフボールはゴツゴツしていて圧が強くなるので私としてはあまりお勧めはできません。

先ほどの注意事項にも書いたように、あまり強すぎる圧で刺激を入れても筋肉の緩みはあまり期待できないので、できることならテニスボールを用意しましょう。

因みにゴルフボールは100円ショップで2個セットで売っています。

池宮
池宮

ゴルフボールはお尻のケアで使うより足の裏のケアに使用するのがオススメです。デスクワークをしている時に足でゴルフボールを踏みつけコロコロすると体液循環が促進されますよ。

【本音】他のセルフケア道具と比較

<テニスボール・セルフケアの池宮評価>

<オススメポイント>

ピンポイントで刺激を加えたい部位にアプローチできる。

<イマイチだと感じるポイント>

ピンポイント押しには特化しているが、身体全体の歪みを調整する事には不向き。

肩こりや腰痛など身体の不調がおこっている時は大抵、一箇所だけが原因で起こっているわけではなく、身体全体が歪んでいます。

その為、一箇所だけケアしても身体の辛さは直ぐに戻る可能性も高いと思われます。

池宮
池宮

しっかり根本的に良くしていく事を考えると、ストレッチポールの方が私はオススメです。

まとめ

<本記事のまとめ>

  • お尻を緩めると腰痛にはすごい効果的。
  • お尻は脂肪が厚いので自分で揉むのは大変。テニスボールを使用し体重圧をかければ効率良く筋肉が緩んでいく。
  • 注意点として、テニスボールで筋肉に刺激を与えている時は1分以上やらない、刺激を加減する、息を止めないなど意識する事が大事。

テニスボールはたった100円で購入ができて、自宅で毎日ケアが出来ますし、旅行をする時や、移動時間が長い日はカバンに入れて外出先で、ケアする事もできるので非常にコストパフォーマンスが良いアイテムです。

ただ、ピンポイントでの調整に特化していて全身を調整する事には、あまり向かないセルフケア道具でもあります。

もし身体全身からのケアを求めているなら、刺激は弱めにはなりますが、ストレッチポールがオススメです。

池宮
池宮

このブログでは他にもセルフケアの方法を沢山ご紹介していますので、自分の身体にあったケア方法を探し実践する事をオススメします。

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました