【神アイテム】ストレッチポールを使い腰痛を撃退!使い方を徹底解説

池宮

この記事を書いた人
池宮ヒロノリ

・治療家&自由人
・東京の整体会社で3年連続で年間売上ベスト1位獲得。
・ハワイ大学医学部の人体解剖実習修了証アリ。
・AC walletなどを通じて資産運用にチャレンジ中。

池宮ヒロノリをフォローする

<本記事はこのような方にオススメ>

・ストレッチを継続するのが苦手な方。

・腰痛、背中の張りが気になる方。・姿勢改善に興味ある方。

皆さん、社会人になり仕事で長時間、椅子に座っていると腰が痛くなったりしませんか?

ストレッチポールで腰まわりの筋肉をゆるめてあげると、ずっと辛かった腰痛がめちゃくちゃ良くなるのでオススメです。

私は患者様に施術後に良く、

「家で何をすれば良いですか?」

「何をこれから気をつければ良いですか?」

と聞かれるのですが、ストレッチポールを患者様に勧めています。

これは私自身が実際にストレッチポールでケアしていて本当にオススメ出来ると思ったからです。

本記事では、腰痛に悩む方々に向けて自宅ケアグッズ「ストレッチポール」について徹底解説しています。

この記事を読んだ方の日常から早く腰痛がなくなりますように。

<本記事のまとめ>

  • ストレッチポールを使用することで、筋肉がほぐれる、リラックス効果がある、姿勢の改善、呼吸の質が深くなるなどメリットが沢山ある。
  • 腰痛を改善するためにはお尻や太ももをしっかりほぐす必要がある。
  • ストレッチポールは風呂上がりに行うと◎
  • 食後直後にやると内臓に負担がかかるのでNG。

<▼肩や肩甲骨のお悩みの方にオススメ>

<▼お腹を鍛えたい方にオススメ>

私が実際に使った感想。

<POINT>

私は3か月前からストレッチポールを使用し始めて、睡眠の質が良くなり、腰の重さが改善した!

私は普段、整体師として毎日患者様を7〜10人くらい見ているのですが、仕事の後半はいつもクタクタになっていました。

体はだるく腰も鈍痛がずっと自分に重くのしかかっていました。

同僚に揉んでもらったり、歪みを調整してもらいたい気持ちはあるのですが、同僚も忙しそうにしているのを見ると、施術をお願いすることに気が引けたりして中々自分のケアができない状態でした。

患者様に、日常生活のアドバイスや歪みに関する知識をお伝えしているのに言ってる自分が出来ていないという始末。

これではダメだと思い、3ヶ月前からストレッチポールでケアを始めました。

私がストレッチポールを実際に使った感想として、一番にあげられるのは睡眠の質が向上し腰の重さが格段に減ったと言う事。

自分の実体験としてストレッチポールは本当にオススメなので次の章ではそんなストレッチポールの効果、メリットについて解説していきます。

ストレッチポールの効果

筋肉弛緩(しかん)作用。

<ポイント①>

ストレッチポールは自分の体重圧で身体に圧を入れる事ができるため、無理なく身体の筋肉が緩められる。

現代社会では、PCを使ったりスマホを使ったり、車を運転したりと何かと前かがみになる事が多く、身体の前面の筋肉だけでなく全身が緊張してしまいます。

ストレッチポールの上に仰向けで寝ると、自分の体重圧で身体に圧を入れる事ができるため、身体の筋肉が緩みやすい傾向があります。

皆さん、マッサージに行ったけど、自分の家に着く頃には肩こりが復活してる何て経験はありませんか?

あれはマッサージでギュウギュウと強く押されている中で自分の身体に力が入っているのでリラックス効果はあっても実際には筋肉が緩んでいないからそのような事が起きてしまいます。

ストレッチポールの上に乗ることで自分の身体がリラックスして体重圧をかけられるので非常に効率的に筋肉が柔らかくなるのを感じるでしょう。

筋肉が硬くなり過ぎるとギックリ腰や、慢性的な頭痛などを起こしかねないので普段からこまめにケアする事が大切です。

リラックス効果

<ポイント②>

体の緊張を緩めると心の緊張も一緒に緩む。特に首の緊張が緩むと副交感神経が優位になりリラックスしやすい。

ストレッチポールは身体全身の筋肉を緩める事ができます。

肩甲骨や首まわりの筋肉はストレスで緊張が続きやすいので、緩んで余計な緊張が取れると副交感神経が優位になります。

ストレッチポールの上で寝る事で背骨の湾曲が正常になり、骨の位置が正常な位置になる事で筋肉のこわばりも抜けていきます。

数分間、ストレッチポールの上に乗っていると自分でも少しずつ筋肉が緩み始めている事を感じ、さらには呼吸の質が深くなりリラックス効果を得られます。

そのような理由から、夜寝る前などにストレッチポールを使用すると深い睡眠を得られるでしょう。

深い眠りは成長ホルモンの分泌を促し、肌の再生、修復効果もマックスに。

結果的に身体のケアのために行っていることが美容にも繋がると考えたらすごく嬉しいですよね。

姿勢の改善

<ポイント③>

ストレッチポールを使用すると正常な正常なS字カーブに戻りやすくなる。

人間の背骨は真っ直ぐではありません。S字カーブを描いていて、猫背やスマホを多用し、首が前に出るとS字カーブが崩れて腰痛などの不調を引き起こしやすくなります。

ストレッチポールで仰向けに寝ると、胸椎という背骨の中の胸あたりにある骨が下から押され、正常なS字カーブに戻りやすくなります。

呼吸が深くなる。

<ポイント④>

  • 疲労回復効果やリラックス効果。
  • 雌雄注力や記憶力が向上し意識がクリアになる。
  • 深い呼吸になると、脂肪が燃えやすい体になる。

ストレッチポールに仰向けに寝ると胸が開き、肋骨が左右に広がります。

背骨で身体を支えている状態なので、胸の筋肉が緩んで肋骨の動きが邪魔されずに空気を取り込みやすくなります。

疲労回復効果

ストレッチポール上でゆっくり呼吸を繰り返すことで呼吸が深くなっていき、酸素もたくさん取りこめるようになりますし、疲労回復などの効果も得られます。

酸素は60兆個ある細胞の活動エネルギーを生み出す効果があります。

その為、血液によって全身に行き渡った酸素は細胞に取り込まれその活動を活性化させる為、新陳代謝を高める事ができます。

代謝が促進される事で筋肉の疲労物質である乳酸が分解されやすくなり、短時間で高い疲労回復効果が期待できるという原理です。

その結果から一般の方はもちろん、身体を酷使する事の多いアスリートもストレッチポールでケアする方は大勢います。

エネルギー消費アップ。

仕事で集中している時などは、特に呼吸が浅くなりがちです。

私たちの体には体内に取り入れられた「酸素」の助けで脂肪を燃やす仕組みになっています。

呼吸を整えれば日常の動作でもエネルギーを消費しやすい身体にすることができます。

基本の使い方

基本姿勢は、ストレッチポールの上に寝転がって「深呼吸」するだけです。

毎日、一生懸命ギューギューとストレッチをしたりしなくても完結してしまうのがこのストレッチポールの最大のメリットです。

柔軟性向上や健康のために張り切ってストレッチを始めてみたけど、3日坊主で終わってしまった経験がある方など、継続して何かをやるのが苦手な方にはうってつけのアイテムです。

寝っ転がってるだけで背中をグーと押してもらってるかのような気持ち良さなので、そのままついウトウトしてしまうこともあるくらいです。

疲れて帰ってきてついソファに乱れた姿勢で横になる方は、ソファの代わりにストレッチポールの上に乗っかれば疲れが一気に吹っ飛ぶというのがストレッチポールの最大の魅力です。

ストレッチのやり方(応用編)

お尻のストレッチ

ストレッチポールでお尻をほぐす(5分)

<腰痛改善ストレッチ(お尻の張りを取る)>

  • 1,ポールを横にした状態でポールの上に座り足を前に投げ出す。
  • 2,その状態で手を後ろにつき、その体勢でストレッチポールをゴロゴロ動かしお尻に刺激を与える。
  • 3,次は足を開脚した状態で膝を曲げ伸ばししてポールを動かしお尻をほぐす。
  • 4,次は足を閉じた状態で膝を曲げ伸ばししてポールを動かしお尻をほぐす。
  • 5.ポールに対して横向きになる。お尻横をつけて下になる方の足をしっかり伸ばす。その状態でポールを動かしお尻横をほぐす。
  • 6.5の行程を反対も同じように行う。

<お尻が腰痛と関係が深い理由>

お尻にある大きな厚みのある筋肉が大臀筋(だいでんきん)です。

歩いたり走ったりする時に地面からの衝撃を吸収したり、腰と下半身をつなぎ骨盤を安定させる役割があります。

この臀筋部分が硬くなると骨盤が歪んでしまい腰に大きな負担がかかってしまいます。

前もものストレッチ

ストレッチポールで前腿の張りを取るストレッチポールで(7分)

<腰痛改善ストレッチ(前ももの張りを取る)>

  • 1,自分の前にストレッチポールを横向きにしておく。
  • 2,そのポールに対してうつ伏せになるように乗っかる。
  • 3,股関節の部分にポールをあて全身の力をゆっくり抜く。
  • 4,ゆっくり肘をつき、ポールを前後に転がす。
  • 5,それから動かす範囲をどんどん広げ膝の真上もほぐす。
  • 6,起き上がり、ポールの上に正座する。
  • 7,この状態でゴリゴリと前後に動かす。
  • 8,慣れてきたら足首辺りまで範囲を広げ転がす。
  • 9,ポールに乗っかり横向きに乗っかり、下の脚の横ももを同 じようにゴロゴロ転がしてほぐす。
  • 10,立ててる足を前に持ってきて体を少しうつ伏せの体勢に変え前ももをほぐす。
  • 11,9の行程を反対足も行う。
  • 12,10の行程を反対足も行う。

<太ももが腰痛と関係が深い理由>

引用:https://tokusengai.com/_ct/17241479

太ももが腰痛と関係が深いということに疑問が浮かぶ方もいると思うので説明します。

現代人は机に座って作業する事が増えたり、運動不足な人が増え、太ももの血液循環が滞りガチガチに硬くなるケースが多いです。

太ももが硬くなると、骨盤が後ろにに引っ張られ、骨盤にくっつく腰の筋肉も一緒に引っ張られるという悪循環が起こってしまいます。

そうなる事で腰痛が起こるのですが、私が今まで治療をしてきた中で、半数以上の方がこのケースで腰痛を発症しています。

<太ももの疲労度チェック>

足を伸ばして仰向けに寝てそのままの姿勢で足を片方だけ上に持ち上げ90度まで足があがるか左右でチェック。

池宮
池宮

90度まで上がる前にももの裏側がつっぱる方は、もも裏のハムストリングスという筋肉が硬くなっています。また左右で足の持ち上げやすさが違う方は骨盤が歪んでいる可能性が高いです。

使用するタイミング

朝に行うメリット

朝にストレッチポールを使用するメリットは、体内のスイッチをONの状態にできること。ストレッチで血行が促されると内臓や自律神経などの機能が正常に動き始めます。

注意事項

朝に行うストレッチは軽いもので大丈夫です。起床直後の人の体温は低くなっている為、筋肉が伸びにくい状態になっています。激しく伸ばすと怪我のリスクが高まるだけなので気をつけましょう。

池宮
池宮

寝ている間に失われた水分を補う為に、さ湯を一杯飲んでからストレッチポールを行うとより◎。

体の中の水分がカラカラな状態ではしっかり血液が流れていってくれません。

夜に行うメリット

ストレッチポールを行う上で最も望ましいタイミングは、入浴後など筋肉が温まっていてリラックスしている時がベストタイミングです。

入浴後は、筋温(筋肉の温度)が高くて血流が多い、筋肉が伸びやすい状態になっているのでストレッチポールのゴールデンタイムです。

しかし気をつけないといけないのは45分以上経過すると、筋温が低くなり、効果が薄くなってしまうという点です。

注意事項

入浴後や運動によって大量に汗をかいた後などは、体が脱水状態になっています。

この状態でストレッチポールを行っても血流が促されないので効果は半減してしまいます。

入浴後や運動後は水分補給を行ってからストレッチを心がけるようにしましょう。水分の摂取量の目安は200mlでコップ一杯程度の量を目安に補給するようにしましょう。

池宮
池宮

風呂上がりにストレッチポールを使用すると、体のコリがほぐれ、呼吸が深くなりリラックスする為、副交感神経が優位になり快眠効果がありますよ。

適さないタイミング

ストレッチポールを避けたほうが良いタイミングは「食後30分」です。

食後は内臓が食べた物を消化する為に活動しているので、食後にストレッチを行うと内臓ではなく筋肉に血液が集まり始め、消化器官に負担がかかる可能性が出てきます。

食後は消化を助ける為にも、ゆっくりとリラックスタイムにしていきましょう。

ストレッチポールはこんな人にオススメ

<こんな人にオススメ>

  • 肩こり、腰痛を持っている方。
  • 猫背の改善をしたい方。
  • 整体やマッサージに行く時間やお金がない人、
  • 睡眠の質があまりよくない方。
  • セルフケアに興味がある方。
  • 運動をよくする方。

上記のような方にはストレッチポールはすごくオススメです。

整体やマッサージは安くても1時間2980円もしますが、ストレッチポールは初期費用こそ同じくらいの値段がしますが、1回購入してしまえばそれから一切費用がかかりません。

またストレッチポールは、ストレッチとして使用するだけでなく、体幹トレーニングにも使用できるのでこれほどコストパフォーマンスが良い商品はないのではないでしょうか?というのが私の意見です。

まとめ

<本記事のまとめ>

  • ストレッチポールを使用することで、筋肉がほぐれる、リラックス効果がある、姿勢の改善、呼吸の質が深くなるなどメリットが沢山ある。
  • 腰痛を改善するためにはお尻や太ももをしっかりほぐす必要がある。
  • ストレッチポールは風呂上がりに行うと◎
  • 食後直後にやると内臓に負担がかかるのでNG

ストレッチポールはセルフケアアイテムなので、腰痛や肩こりなど慢性的な症状にも効果があります。

またストレッチポールでストレッチをすると、いろんな効果が得られますし、トレーニングの道具としても使えるので1本持っておくと重宝痔ますよ。

使い心地も良いためにリラックスできますが、ストレッチの長時間の使用は逆に体を痛めかねないので注意して使ってみてください。

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました