AC Walletで送受金体験 / こんな簡単に仮想通貨が送れる!?

PON
PON
PON

こんにちは!
AC wallet愛好家のPONです。

「資産運用が出来る暗号資産ウォレット」として最近少しずつAC walletの認知度が上がってきているように感じます。

しかし暗号資産を持つのが初めての方には

暗号資産ってどうやって管理するの?」

「AC walletの基本的な使用方法がわからない!」

「AC walletbの送受金の仕方を知りたい!」

という思いをお持ちの方もいるのではないでしょうか?

本記事では実際にAC Walletを使って送受金した様子をご紹介していきます。

▼下記の記事もオススメ】

AC Walletの送受金方法

送受金をはじめる前に

前回もご紹介しましたが、現時点でAC Walletで扱える暗号資産は、

・Bitcoin
・BitcoinCash
・ETHEREUM
・tether

以上の4種類です。

まず、送受金をしたい場合は、ホーム画面での暗号資産の枠を選択します。
Bitcoinの送受金をしたいのなら、Bitcoinの枠をタッチして下さい。

今回は、BitcoinCashを使って、実際に送受金を試してみたいと思います。

受金の流れ

受金を行うには、まず「受け取る」のボタンを選択します。

ここで、受金用アドレスが表示されます。

尚、「アドレスをコピー」「受取金額設定」という二つのボタンがありますが、それぞれについて解説します。

「アドレスをコピー」は、その名の通り受金用アドレスをコピーし、クリップボードに保存します。

保存されたコピーはメールやLINEなどに貼り付け、送金者にお知らせする事で、相手はあなたに送金する事が出来ます。

「受取金額設定」とは、予め受け取りたい金額をあなたが設定した上で、受金用アドレスを作成する事が出来る機能です。

実際に「受取金額設定」のボタンを選択してみると、このような画面が表示されます。

画面上部に日本円の金額を入力する欄があります。今回は100円と入力してみました。

そうすると、現時点での相場で100円相当の暗号資産の金額が自動的に表示されます。

その後、「アドレスを生成する」というボタンを選択すると、QRコードが作成されますので、QRコード下の「アドレスをコピー」のボタンを選択すると100円分の受取用アドレスをコピーする事が出来ます。

こちらのアドレスを送金者にお知らせする事で、送金者の金額設定の入力の手間を省けるのですが、色々試したところ、この機能はAC Wallet間でしか使えませんでした。
(もしかしたら自分だけかもしれないので、もし改めて他のウォレットアプリでも動作確認出来た場合は、記事の内容を訂正します。)

ちなみに受金すると、AC Walletの取引履歴に反映されます。

送金の流れ

受金の流れが理解出来れば、送金の流れも理解しやすいと思います。

送金を行う場合、こちらの画面で「送る」というボタンを選択します。

次に送金先のアドレスを指定しますが、方法は3つあります。

「カメラでスキャン」のボタンから、QRコードを読み取る。
「アドレス帳」のボタンから、登録してある送金先アドレスを選択する。
「宛先のアドレス欄」に送金先アドレスを入力 or 貼付する。

送金先のアドレスを指定したら、「送金額入力」のボタンを選択します。

ここで送金額を入力しますが、この場合日本ユーザーは日本円か暗号資産のどちらかで金額を入力する事が出来ます。

送金額の入力が終わったら、「セキュリティ認証」を選択します。

セキュリティ認証については、AC Walletのユーザー登録を行う時に、SMS認証かメール認証かを選ぶ事が出来ます。(この設定はいつでもアプリ内で変更可能です)

自分の場合は、SMS認証にしてありますので、「SMS認証コード発行」というボタンが表示されています。

このボタンを選択すると、SMS(ショートメール)で4桁の認証コードが送られてきますので、そちらを入力枠に入力すると「入力完了」というボタンが選択出来るようになります。

「入力完了」のボタンを選択すると、最終確認画面として「送金の確認」という画面が表示されます。

内容に問題がなければ、「送金アクションへ」というボタンを選択します。

そうすると送金アクション画面が表示されますが、こちらがAC Wallet独特の送金画面です。

画面にあるように暗号資産のアイコンを下にスワイプさせる事で、送金アクションが完了します。(なんだかスマホゲームのガチャみたいですね笑)

送金操作が完了すると、受金の時と同じ様に取引画面に送金履歴が反映されます。

また、送金時のみ送金操作完了後、AC Walletに登録してあるメールアドレス宛に「送金お知らせメール」が自動配信されます。

AC Walletのアドレス登録方法

もし、暗号資産の送受金を頻繁に行う相手がいれば、相手のアドレスをAC Walletに登録しておく事をオススメします。

アドレス登録方法ですが、送受金する暗号資産の「送る」画面から、「アドレス帳」を選択します。

「新規」ボタンを選択します。

ここで下記の内容を入力します。

「新規追加」画面の入力内容について

氏名 ・・・ 送金先が分かるニックネームを任意で入力します

アドレス ・・・ 送金先アドレスを入力します

写真 ・・・ 任意で送金先が分かる写真/画像を設定出来ます

メモ ・・・ 何かメモとして残したい情報を任意で入力出来ます

お気に入り ・・・ チェックを入れるとお気に入りリストに追加されます

これらの必要事項を入力し、「新規追加する」のボタンを選択すると、アドレス帳に送金先が追加されます。

まるでメールアドレスの登録みたいですね(笑)

アドレスの量が増えてくると、リストが少し見づらくなるので、そういった時は「お気に入り」の機能も上手く活用して、リストを整理してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、AC Walletの送受金方法について、ご紹介させて頂きました。

送受金操作を実際にやってみて、まず率直に感じた事は、とにかく動作が軽いという事。

単純に暗号資産の送受金だけを行うのであれば、AC Walletが一番使いやすいかもしれません。

アドレス登録も簡単に行えますので、本当にメール感覚でお金を送れます。

これまで自分は多くのウォレットアプリを触ってきました。

まだまだ日本は暗号資産の認知が低いので、英語表記のアプリも多いですし、他人にウォレットの使い方を説明する時も、レイアウトの見方から説明しなければならず、かなり敷居が高い印象でした。

AC Walletに関しては、前回の記事でもお話ししたように、レイアウトはシンプルで文字情報量も良い意味で少なく、敷居が低いのが本当に印象的でした。

というわけで、次回は他のウォレットアプリと比較してみて、AC Walletの特徴をもう少し細かく解説してみたいと思います。

AC Walletユーザー登録はこちらから無料で行う事ができます👇👇👇

This is AC Wallet
Hi there! Thank you for visiting my website!
この記事を書いた人
PON

本業は治療家だが、既にその枠を超え、独自の資産形成手段と情報網を持つ。現在は、暗号資産市場のAC wallet愛好家として、様々な情報発信をしている。脱サラしてから繋がった経営者・個人事業主・投資家は3年で軽く1000人以上。「環境と経験はお金で買えない。必要なのは信用・信頼。」をモットーに、日々人のお悩み解決につながるビジネスを複数展開。

PONをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました