天然の栄養剤!?めんどくさがり屋さん必見!スムージーレシピ

みおん
この記事を書いた人
みおん

15年間バドミントプレーヤーでした、元アスリートのみおんです!
最近、幼稚園教諭免許を取得し、資格を活かしながら、現在は、障害児にスポーツ療育を行っています。
様々な視点から物事を捉えた記事が書けるように日々勉強中…。
(真面目に見せておいて中身はオタク)
よろしくお願いします★

みおんをフォローする

今回は、簡単で、美味しく、体にいい、スムージーレシピ

紹介していきたいと思います。

数あるスムージーレシピがある中、美味しそうだから。飲みやすそうだから。

という理由で作ってみるのもいいと思いますが、

自分の「なりたい」に効果を示すレシピ

見つけることが、大切なのではないかと感じます。

スムージーは、ダイエットなどに用いられることが多くなりましたが、

ダイエット以外にも、体の不調、肌の不調やトラブルにも非常に良いと言われています。

今回は、様々な日常の不調健康的な身体作りお肌作りに特化した

スムージーレシピをできるだけ、簡単に、そして分かりやすく、

あなたのお悩みが1日でも早く解決できるような記事にしていきたいと思っています。

スムージーをオススメする理由

野菜や果物をミキサーで混ぜるだけのスムージーは

簡単なのに、身体に返ってくるメリットがとても大きいのです。

〈手軽に栄養補給ができる健康ドリンク〉

→固形ではない分、苦手な食材も身体に取り入れやすい。

→1杯飲んだだけで食材の栄養素が一度に取れる。

〈組み合わせ次第で無限のレシピを作れる〉

→症状や好みに合わせて、野菜や果物をチョイスできるの楽しみがある。

〈皮にも含まれている栄養素も摂取できる〉

→果実の栄養素は、太陽にたくさん浴びているので、光合成が

盛んに行われ、栄養分をたくさん蓄えています。スムージーは、

皮の栄養素まで残さず摂取することができます。

〈酵素やミネラルを壊さずに吸収できる〉

→青果に含まれる食物酵素には、加熱すると失われるものがあります。

酵素やミネラルを余すことなく、吸収するには、生のまま摂取できる

スムージーが最適と言えます。

ライフスタイルに合わせたスムージーの飲み方

基本的にいつ飲んでも良いものですが、朝・昼・夜、

それぞれ異なるメリットがありますので、自分のライフスタイルに

応じて、最も効果が高く、無理なく続けられる時間帯を選びましょう!

朝に飲むメリット

・1日のスタートをすっきり始められる

・腸を刺激して朝のお通じをスムーズにする

・食欲不振でも飲みやすい

※朝飲むときの注意点

→胃腸の弱い人は、冷たいスムージーではなく、常温かホットスムージーをオススメします。

昼に飲むメリット

・小腹をスムージーで満たせる

・疲れてきたときのストレス解消になる

・もう一踏ん張りするときの栄養補給にちょうどいい

夜飲むメリット

・寝つきが良くなる

・食事前に飲むと、食べ過ぎ防止になる

・消化されやすく、胃に負担がかかりにくい

※夜飲むときの注意点

→バナナやメロン、桃などの糖分が多い果物を入れすぎると、

寝ている間に脂肪として蓄積されてしまう場合があります。

日常の不調に効くスムージーレシピ

病院に行くほどではないけれど、なんとなく調子がイマイチ…

そんなときに、手軽に作れる簡単スムージー!

家にあるものや、スーパーですぐ手に入る食材のレシピを中心に紹介します(^○^)

肩こり

材料:ほうれん草2束(20g)、パイナップル(40g)、水(50ml)

〈一言メモ〉

・人参をプラスして、より血流改善。

・ほうれん草を小松菜に変えてもGood!

便秘

材料:さつまいも(50g)、オレンジ(半分)、水(25ml)

〈一言メモ〉

・オレンジをキウイに変えてもGood!

・ドライプルーンを加えると、食物繊維がよりプラスされます。

胃の痛み

材料:キャベツ(50g)、バナナ(半分)、水(50ml)

〈一言メモ〉

・バナナをリンゴに変えてもGood!

・オクラをプラスすると、ムチンが胃粘膜を強化!

夏バテ

材料:グレープフルーツ(1個)、10サヤ(豆20g)

〈一言メモ〉

・グレープフルーツをオレンジに変えてもGood!

・ぶどうをプラスすると、鉄分を補い貧血も防げる!

不眠

材料:キウイ(1個)、キャベツ(50g)、牛乳(50ml)、ハチミツ(大さじ2)

〈一言メモ〉

・キウイをパプリカにしてもGood!

・オレンジをプラスすると、リラックス効果が出てさらにGood!

月経トラブル

材料:オレンジ(半分)、生姜(3g)、豆乳(50ml)

〈一言メモ〉

・オレンジをアボガドに変えてもGood!

・レーズンをプラスすると鉄分も補えて貧血も予防!

ストレス

材料:にんじん(4分の1)、パイナップル(80g)、豆乳(50ml)

〈一言メモ〉

・にんじんをアスパラガスに変えてもGood!

・パプリカをプラスするとビタミンCが補える為、ストレスによる

 弱った抵抗力を助ける効果が期待できます!

スムージーの効果を高めるコツは2つあります。

1つは、常温の野菜や果物を使うことです。食物酵素は、体温と同じ

温度でないとうまく働きません。凍った材料を使ったり、氷を入れたり

するとスムージーは美味しくて飲みやすいのですが、毎日だと、

内臓が冷えてしまい、胃腸の不調の原因となってしまう恐れがあります。

2つ目は、朝飲むことです。

朝は、「排泄の時間」とも言えますが、朝にスムージーを飲むことで

胃腸が適度に刺激されます。スムージーはいつ飲んでも効果的な

ものですが、朝にスムージーを一杯飲めば、睡眠中に失われた

水分の補給とともに、デトックス効果が期待できます!

みおん
みおん

デトックスは今、私が一番必要としていることだ…。

健康に役立つスムージーレシピ

食習慣は、身体を健康にも、不健康にもします。

良い食習慣の中の1つとして取り入れたい、スムージーレシピをご紹介します!

高血圧

材料:オレンジ(1個)、オクラ(1本)

〈一言メモ〉

・オレンジをリンゴに変えてもGood!

・レタスをプラスするとカリウムされに増え、余分な塩分を排出して、

 むくみ防止の効果もあります。

低血圧

材料:にんじん(4分の1)、りんご(4分の1)、生姜(3g)、水(50ml)

〈一言メモ〉

・りんごをみかんに変えてもGood!

・塩をひとつまみ入れると、より血圧を維持することができます!

コレステロール

材料:バナナ(半分)、きゅうり(半分)、豆乳(50ml)

〈一言メモ〉

・きゅうりをメロンに変えてもGood!

・パイナップルをプラスすると、よりコレステロール値を下げることができる!

・りんごは、皮ごと使うと、動脈硬化も予防します!

免疫力

材料:いちご(5〜10個)、パプリカ(8分の1)、水(25ml)

〈一言メモ〉

・いちごをキウイに変えてもGood!

・にんじんをプラスすると、抗酸化力がよりアップします!

人間が生きる為に欠かせない油を「必須脂肪酸」と言います。

必須脂肪酸には、「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」「オメガ9脂肪酸」

などがあります。

全て人体に必要な油ですが、現代人には特にオメガ3が不足する傾向があります。

ですが、オメガ3は、加熱に弱く、調理には向きません。

そこで役立つのがスムージーです。

みおん
みおん

スムージーにオメガ3を含むアマニ油などの

オイルをティースプーン1さじ垂らすだけで、

1日の必要量をまかなえちゃいます!

綺麗をつくるスムージーレシピ

身体の内側から、もっと生き生きするように。

肌だけではなく、髪も健やかに保つ。

そんなスムージーレシピをご紹介していきます!

シミ

材料:パイナップル(150g)、レモン汁(大さじ1)

〈一言メモ〉

・レモン汁をバジルに変えてもGood!

・ゴマをプラスすると、ビタミンEがさらに補えて新陳代謝も

 活発になります。

乾燥肌

材料:パプリカ(4分の1)、りんご(4分の1)、水(50ml)

〈一言メモ〉

・りんごを柿に変えてもGood!

・オリーブオイルをプラスすると、β−カロテンが水々しい肌を

 保つ成分を作り出し、乾燥肌予防に役立ちます。

オイリー肌・大人ニキビ

材料:キウイ(1個)、ブロッコリー(一房)、バナナ(半分)

〈一言メモ〉

・バナナをゆずに変えてもGood!

・ヨーグルトをプラスすると、ビフィズス菌とビタミンB2が

 ニキビの症状を改善します。

髪の悩み

材料:サラダ菜(3枚)、ドライプルーン(3個)、牛乳(100ml)

〈一言メモ〉

・ドライプルーンをレーズンに変えてもGood!

・ブルーベリーをプラスすると、よりビタミンが補えて、

 細胞分裂を正常化し新陳代謝を促進。その結果、頭皮の乾燥、

 フケ、抜け毛、白髪の防止になります。

日常の不調に効くスムージーレシピ」「健康に役立つスムージーレシピ

肌を作るスムージーレシピ」3つに分けて紹介していきました。

出来るだけ少ない食材で、めんどくさがりの方でも継続して

飲み続けられるようなレシピをピックアップしましたが、

いかがだったでしょうか!?

味の好みもあると思いますので、味の調節のコツとして、

・素材の味をそのまま生かしたい→水をプラス

・マイルドにしたい・ヘルシーな濃厚さがほしい→牛乳や豆乳をプラス

・爽やかな酸味をプラスしたい→ヨーグルトをプラス

この3つのコツも参考にしてみてください。

最後に。

スムージーは組み合わせる材料によって、味のバリエーションも、

補給できる栄養も豊富です。

1人でも、もちろん楽しめますが、家族や友達と一緒に

味わいながら、健康を共有するのも良いのではないでしょうか(^○^)

みおん
みおん

どうやら、スムージーカクテルというのも

あるみたいなので、お酒全く飲めない私ですが、

今度試してみようと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました