あなたは知ってる?PCとタブレットとスマートフォン 3つの違い

PON
この記事を書いた人
PON

本業は治療家だが、既にその枠を超え、独自の資産形成手段と情報網を持つ。現在は、暗号資産市場のAC wallet愛好家として、様々な情報発信をしている。脱サラしてから繋がった経営者・個人事業主・投資家は3年で軽く1000人以上。「環境と経験はお金で買えない。必要なのは信用・信頼。」をモットーに、日々人のお悩み解決につながるビジネスを複数展開。

PONをフォローする

本記事を読むオススメな人

□スマホは持ってるけど、PCやタブレットを買おうか迷っている人

□仕事で使うのにPCとタブレットのどちらが良いか分からない人

□結局PCとタブレットとスマホは何が違うのか知りたい人

PON
PON

こんにちは!
自由な治療家のPONです。

今回は、PCとタブレットとスマートフォン、それぞれの違いについて解説したいと思います。

前回まではPCに関する記事を書かせて頂きました。

まだ、御覧になっていない方は、よろしければそちらも御覧頂けると嬉しいです。

👉 【2020年最新版】PCの選び方で必要な3つのポイント【必見】

👉 【Win&Mac】初心者脱出!PCを便利に使う操作方法10選

ある意味、PCとタブレットとスマートフォンは、現代社会のIT機器において、三種の神器(言い過ぎ?w)と言っても過言ではないと、自分は勝手に考えています(笑)

この中では、スマートフォンが一番保有率としては高いのではないでしょうか。

その為、自分が最近よく相談される事として、仕事として使うのにPCとタブレットのどちらが良いのか分からないという声が非常に多いです。

昔はPCとタブレットは、スペック差が大きかったり、それぞれ出来る事が完全に差別化されていましたが、最近はPCで出来る事の多くはタブレットでも出来るようになりましたよね。

それだけ技術の進歩が大きいという事ですが、逆にどちらを選んだら良いかという、贅沢な悩みが出てきてしまいました。

今回は、そんなお困りなあなたの為に、PCとタブレットとスマートフォンの違いを分かりやすく徹底解説します!

PON
PON

PCとタブレットとスマートフォンの違いって、何となくは分かるけど、具体的にどう違うのかって、上手く説明できないよね?何が違うんだろう?

PCとタブレットとスマートフォンの特徴

PCの特徴

まずは、それぞれの特徴から大まかに説明していきますね。

PCの特徴をざっと並べるとこんな感じです。

〜PCの特徴〜

◎3つの中で最もスペックが高い
◎ソフトウェアの種類や質の点でやれる事が多い
◎様々な周辺機器を接続出来る(マウス・外付けストレージ・SDカード等)
◎キーボードが大きくタイピングしやすい
◎高品質なゲームが楽しめる(PUBG、FORTNITE、APEX等)
✗3つの中では大きさと重さがあるので持ち運びが少し大変
✗外では充電出来る場所でないと長時間の作業が難しい
✗より高スペックのPCは価格が高い

とにかくタブレットやスマートフォンと比べて、PCはスペックが高いです。

その為、扱えるソフトウェアの量も多く、例えば動画編集やプログラミングなど、より質の高い作業を行いたい方は、PCを用意した方が良いかもしれません。

PCはコンテンツ作成に優れているので、自分自身で動画やホームページなどといったコンテンツを生み出したい方にはオススメです。

また、PCはインターフェースが充実しているので、様々な周辺機器を繋げられます。

ただし、PCによっては重量がかなりありますので、持ち運びが大変ですし、カバン等もかさばります。

あと、充電器なしでは、バッテリーが消耗していなかったとしても、作業時間は平均5〜6時間程です。

ちなみにどんなPCを選んだら良いのか分からないという方は、こちらの記事を御覧下さい。

PON
PON

PCはとにかくやれる事が多いんだね!質の高い作り物をしたい方は、PC買っていいかも!?

タブレットの特徴

タブレットの特徴を挙げると、こんな感じです!

〜タブレットの特徴〜

◎大きいサイズのタッチパネル
◎タブレットによってはペンが使える
◎プレゼンテーション用として使いやすい
◎PCと比較して小さく持ち運びしやすい
◎外付けでキーボードを取り付けられるタブレットもある
◎電子書籍が読みやすい
◎動画視聴しやすい
✗PCと比較してスペックに劣る
✗基本一度に複数の周辺機器を繋げられない
✗コンテンツ作成系のアプリが基本的にPC版の簡易版に等しい

タブレットは直感的操作と可視化性に優れているので、ビジネスシーンではプレゼンテーションやミーティングの場で用いられる事が多いです。

自分は整体以外にもいくつか仕事をしていますが、例えばプレゼンテーション用資料はPCで作成し、作成した資料はタブレットを使って、プレゼンテーションや前立ちして講演する時などに使っています。

勿論、タブレットでも一部のコンテンツ作成は可能です。

文書作成なら、タブレットにキーボードを取り付けられれば、PCでなくても十分可能です。

そして、ペンが使えるタブレットであれば、イラスト作成や画像編集といった作業なら、むしろタブレットの方が生産性が上がる場合もあります。

ただし、音楽・動画編集は基本的に簡易的な機能のアプリしかないので、これらに関してはPCの方が良いです。

あと、趣味・娯楽として使う場合、タブレットは非常に良いツールです。

読書やYouTube等の動画視聴も、タブレットならPCよりも手軽に行えます。

PON
PON

タブレットってこんな特徴があったんだね!文書作成やイラスト作成をしたいならタブレットを買った方がいいかも!?

スマートフォンの特徴

さあ、最後にスマートフォンのご紹介です!

スマートフォンの特徴を挙げると、こんな感じです。

〜スマートフォンの特徴〜

◎とにかく小さいので持ち運びに一切困らない
◎使う場所を選ぶ必要がない
◎写真や動画撮影がしやすい
◎ストレージの容量はPCやタブレットに負けない
◎電話機能がある
◎携帯電話とはいえ様々な形式のファイルを閲覧出来る
◎VR用の周辺機器にセットして手軽にVRコンテンツを楽しめる
✗毎月の維持費がかかる
✗文字入力がし難い
✗コンテンツ作成は最小限レベルのみ

スマートフォンは、小さくて持ち運びに困らないデジタル端末です。

スマートフォンでも様々な形式のファイルを扱えますので、ビジネス書類でちょっとした確認事項が発生した際は、PCやタブレットではなく、スマートフォンでも問題なくファイルを確認出来ます。

また、PCとタブレットにはないスマートフォンの一番の利点は、通話機能がある事です。

勿論、PCとタブレットでも、LINEやzoomなどのアプリを使って通話は出来ますが、手軽さで考えたらスマートフォンで通話しちゃいますよね。

ちなみに自分はiPhoneXを使っているのですが、よく動画撮影でも使います。

自分はYouTubeもやっていまして、顔出しで撮影している動画は全てiPhoneXで撮影したものです。

もしよろしければ、こちらから御覧下さい。

iPhoneXは少し前の機種ですが、動画の画質自体は個人的にそこまで気になる程ではなく、現役でバリバリ動画撮影をしています。

ただし、iPhoneXでの動画撮影で一つ問題点を挙げるとしたら、音質です。

ここ最近までiPhoneX単体で撮影しておりましたが、音質を上げたいと思い、SHUREのMV88+というマイクを購入しました。(実は記事を書いている今日届く予定ですw)

YouTubeに関しては、スマートフォンで動画撮影して、PCで動画編集するという流れで使い分けています。

PON
PON

スマートフォンの一番の利点は、なんといっても通話機能がある事!あと、写真や動画撮影も手軽に出来るので、簡単に映像コンテンツを作ってみたい人はスマートフォンを活用してもいいかも!?

まとめ

今回は、「あなたは知ってる?PCとタブレットとスマートフォン 3つの違い」というテーマでご紹介させて頂きました。

PCとタブレットとスマートフォンは、それぞれ特徴に違いがあるので、自分の目的に合った物を用意すると良いと思います。

例えば、こんな感じで大まかに考えてみてはいかがでしょうか。

PC向けの人 ・・・ Web制作や映像編集をしたい人

タブレット向けの人 ・・・ 文書作成やイラスト作成をしたい人

スマートフォン向けの人 ・・・ 通話や手軽に写真/動画撮影をしたい人

ちなみに自分はMacbookProとiPadProとiPhoneを持っていますが、3つ全てをApple製品で統一すると、Airdropというファイルを無線で送受信する機能が非常に便利です。

Apple製品に限らず、端末との相性も考えていくと、より生産性を上げられます。

この記事を読まれている方の中で、何かコンテンツを作成したいという方はいらっしゃるかもしれませんが、もしコンテンツ作成をされるのなら、生産性はとても大事です。

PCとタブレットとスマートフォン、全てを揃える必要はないですが、ご自身のやりたい事を考えた時に、どれを揃えたら自分のやりたい事をスムーズに形に出来るかという点を考えると良いと思います。

▼以下の記事もオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました